経営戦略

当社グループは、当社及び連結子会社(株式会社UNIGEN)により構成されております。当社は満足な治療法や製造技術のない領域にて、革新的な医薬品を迅速に開発することを会社のミッションに掲げ、一般的な創薬型バイオベンチャーにおいて重要な事業領域である「創薬」領域に加え、当社独自の製造プラットフォームを保有することにより、バイオ医薬品の製造という「製薬」領域も担うことのできるバイオファーマ企業であります。

当該コンセプトを基に、開発パイプラインごとに対象疾患領域及び臨床現場の状況、競合する医薬品の状況などを総合的に勘案し、医薬品としての価値を最大化できる最適のタイミングで国内外の製薬企業と提携しライセンスアウトすることを、基本的な事業モデルとしております。

当社独自の製造プラットフォームを保有
当社は、PSCより、UMN-0502、UMN-0501及びUMN-0901をはじめとする組換えインフルエンザHAワクチンに関する日本、中国、韓国、台湾、香港及びシンガポールにおける、独占的な開発、製造及び販売に関する権利を取得しております。また、タンペレ大学より、UMN-2003の全世界における独占的事業化権を取得しております。これら開発パイプラインの製造技術であるBEVSを製造プラットフォームと位置づけ、日本国内でBEVSによるバイオ医薬品の開発から製造までを一貫して担う体制を構築しております。

感染症予防ワクチンを中心とする複数のパイプラインを開発
当社グループは、インフルエンザ、ノロウイルス、ロタウイルスなど、ウイルス感染症領域における複数の開発パイプラインを有しております。また当社は、自社にて前期臨床試験を行うだけでなく、後期臨床試験をライセンスアウト先と共同開発できる体制を整えており、かつ、秋田工場にて治験薬を供給する体制も整備しております。

単なるライセンスによる対価のみに留まらない収益構造の確立
当社グループは、医薬品候補シーズの探索に当たり、市場性、上市の可能性や製造技術を十分検討いたします。一義的にはBEVSプラットフォームにて製造が可能な医薬品候補シーズを優先的に開発することで、製品供給による収益を実現することにより、当社資産から生まれる付加価値の最大化を目指しております。

強みと特徴

(1) バリューチェーンの各段階において業界有数の企業と提携
(2) 大きな成長性を有するワクチン領域における充実した開発パイプライン
(3) 自らワクチン原薬を生産し、製品供給を行うことによる高いマージン率
(4) 遺伝子組換え技術を用いた他社の一歩先行く製造プラットフォーム「BEVS」
(5) 開発初期から商用生産までカバー可能な生産拠点を保有


当社グループでは、これらの強みと特徴を活かして、他社の一歩先行く最先端の遺伝子組換え技術であるBEVSを用いて、自社開発品のワクチン原薬を製造し最終製品の供給を行うことにより、高い収益性と確固たる収益基盤を構築します。また、成長力豊かなアジア展開を行うことにより収益拡大を目指します。更に、2015年以降のバイオ医薬品の特許切れによりバイオ後続品の市場が拡大することから、当社グループの研究から商用生産までワンストップサービスが可能な生産施設体制を活かして、バイオ医薬品受託製造事業に進出し、長期的成長を目指します。