経営戦略

当社は、当社独自の製造プラットフォームを保有することにより、次世代バイオ医薬品自社開発事業に加え、開発初期から中期段階におけるバイオ医薬品等の受託製造事業も事業領域とするバイオファーマ企業であります。

次世代バイオ医薬品自社開発事業
開発パイプラインごとに対象疾患領域及び臨床現場の状況、競合する医薬品の状況などを総合的に勘案し、医薬品としての価値を最大化できる最適のタイミングで国内外の製薬企業と提携しライセンスアウトし、契約一時金、開発マイルストーン及び販売開始後のランニングロイヤリティより収益を確保していくビジネスモデルを基本としております。


バイオ医薬品等受託製造事業
当社が保有する横浜研究所、秋田研究所及び秋田工場、これら研究開発・生産施設に従事する製造ノウハウに長けた豊富な人材を活用し、開発初期から開発中期段階までのCMC開発・工業化検討を中心として顧客ニーズに対応しつつ、高付加価値サービスを提供していくビジネスモデルを基本として、顧客に対して検討用サンプル・治験薬・製品・各種評価試験結果等を供給いたします。

 

CMC:Chemistry, Manufacturing and control 医薬品における原薬プロセス研究、製剤開発研究及び品質評価研究を統合した概念

強みと特徴

(1) 遺伝子組換え技術を用いた他社の一歩先行く製造プラットフォーム「BEVS」
(2) 開発初期から中期段階までカバー可能な研究開発拠点を保有


当社では、これらの強みと特徴を活かして、他社の一歩先行く最先端の遺伝子組換え技術であるBEVSを用いた既存自社開発パイプラインの開発を進めるとともに、新規シーズの探索・導入を進め、改めて製薬企業等との提携による収益獲得を目指します。また、横浜研究所、秋田研究所及び秋田工場の研究開発施設を活用し、「バイオ医薬品のCMC開発・工業化検討」に特化し、事業会社や国内外研究機関より、初期開発段階にあるバイオ医薬品等原薬の受託製造、原薬製造工程プロセス開発受託、工程規格試験等の各種品質管理に関する分析試験の規格化の業務受託、スケールアップを目的とする工業化検討業務受託等を事業として展開することにより、収益確保・事業拡大を目指します。